おぎしんの特徴

おぎしんの考え

おぎしんは中学受験専門の会員制進学塾です

おぎしんの会員制とは、生徒( 会員)数を限定することによって、中学受験をより充実させるためのものです。
生徒たちは「真剣に勉強すること」・「精一杯努力すること」の大切さを学びます。塾内は自由な雰囲気ではありますが、周りには、良きライバルがたくさんいます。

算数の計算も、国語の漢字も、理科の動植物も、社会の都道府県も、生徒たちの勉強は、すべて私たちの生活や社会や自然界にあふれている事柄です。生徒たちは、勉強を通して現実の社会とつながっているのです。

「真剣に勉強すること」は、現実の社会とのつながりによりリアリティーを持たせます。

「精一杯努力すること」は、現実の社会とのつながりをより強くします。

生徒たちには、中学受験にチャレンジし、さらに幅広い勉強の世界を手にしてほしいと考えます。

おぎしんの目指すもの

生徒たちは、中学校・高等学校・大学とこれからもたくさんのことを学んでいきます。
また、各ご家庭には、それぞれの教育方針があります。
一人ひとりの生徒にあった中学校、各ご家庭に満足してもらえる中学校への合格を目指します。

おぎしんのシステム

おぎしんはクラス担任制です

中学受験には、2つの大きな特徴( ポイント)があります。

1公立小学校の2.5倍から3倍の学習内容

次から次に新しい学習内容が出てきます。生徒たちが、それを大変だと感じるだけか、大変だけど、おもしろいと感じるかは、先生がどういう授業をするかによります。

210才前後の小学生が対象であること

「好きなことは、どんどんやる。」「嫌いなことは、やらない。」小学生みんなにあてはまることです。生徒たちが、勉強を好きになるか、嫌いになるかは、先生がどういう授業をするかによります。

おぎしんでは、この中学受験の大きな特徴( ポイント)を踏まえて、クラス担任制をとっています。

授業

新しい学習内容を着実に理解するために、「時間割・時間配分」を“こうしたらよくわかる”という考えで、細かく組み立てます。
テキストの1 回分の内容を<算数・国語・理科>の日と<算数・国語・社会>の日の組み合わせで教えていきます。

質問

国語の説明文の質問が、社会の環境問題についてであったり、理科の水溶液の質問が、算数の比を使った計算だったりします。そんなとき、クラス担任が一人いれば、教科にとらわれない解説ができます。
また生徒は、国語、算数、理科、社会の質問を一度にできます。

学習相談

クラス担任は、責任をもって一人ひとりの生徒に接しています。生徒の得意な教科に着目し、長所を伸ばしながら苦手な教科の克服を目指します。もちろん、ご家庭に対しても授業中の様子など本人の顔を思い浮かべながら学習相談を行います。
相談の内容によっては、他の先生や学年の責任者も交えて話し合うこともあります。

受験相談

偏差値だけで志望校を決めるのは禁物です。
生徒本人の将来性にまで配慮して中学校を選ばなければなりません。
本人の優れた個性を生かすため、受験校の出題傾向や校風までもふくめた最適なアドバイスをします。また、特に入試直前で「合格まであと一歩」というときには、その一歩のための対策を、教科にとらわれず行います。

PAGETOP